タグ:映画 ( 7 ) タグの人気記事

once

最近とっても気に入った映画の話。

c0012120_0325625.jpg『once〜ダブリンの街角から』

なんとなく、このジャケットの感じとか“ダブリンの街角から”なんつー付け足し邦題の感じから、軽くこじゃれたラブ・ロマンス(ヒュー・グラントとか出てきちゃう感じ)のように思いがちですが、そういうテイストの映画では決してありません。
もっと素朴で、淡々として、でも心に広がる、みたいな感じです。
主役の二人も決して美男美女じゃないし、映像もハンディ多用でドキュメンタリータッチだし、ストーリーも大きな展開があるわけじゃないし。
しかし、だからこそ、胸にジーン…と迫ってくるものがあります。

そして何といっても、音楽がいい。路上ミュージシャンとチェコ移民の女性が出会って一緒に音楽をやりながらお互いの傷を癒すうちに…というようなストーリーなのですが、映画の中で流れる(というか演奏される)音楽達がすんごくいいですわ。
と思ったら主演の二人は本当にアーティストのようです。
思わずiTunesでDLしてしまいました。
こういう恋愛映画もあっていいんじゃない?と思えるステキな映画でした。



c0012120_0545757.jpgあ、今日のすんごい雷、大丈夫だったかって?
それはもちろん、トイレの隅っこで震え上がっておりました。(^。^;)
[PR]

by kura_yang | 2008-07-29 23:55 | その他

古き良き時代


c0012120_143084.jpg久しぶりに、いい邦画見ちゃいました。
『ALWAYS 三丁目の夕日』
正直、そんなに期待しないで見始めたんですが、すんごいヨカッタです〜。まず何と言ってもキャスティングが秀逸!登場人物それぞれみんないい味出してます。吉岡クン見ても「あ、純くん」って思わなかったもん!(笑)そんで子役がまたスバラシイ!
CGを駆使した昭和33年の東京もとってもリアルで、タイムスリップした感じでした。

貧しかったけれど、夢も希望もあった。日本ってこういう国だったんだな〜って、しみじみと。日本人が何を得て、何を失ってきたか、豊かになるってなんだろう?ってちょっと考えさせられる映画でした。
でも別にチープな懐古主義とか説教じみた所はみじんもなくって、笑って泣けて楽しめる、でも心にしっかりと何かが残る、そんな感じの映画でした。

ラストの夕日のシーンがとても象徴的で、私なんかは軽くショックを受けちゃいました。何がって書いちゃうとアレなんで、やめとこうかな。いや、別になんてことないシーンなんですけど。(^^;)

唯一難癖を付けるとすれば、エンディング曲が唐突にチープ。(-.-;)
取って付けたようなタイアップはもうヤメようよ〜。
[PR]

by kura_yang | 2006-10-29 23:55 | その他

グルミット〜♪

なぜか、今日も多摩川の川崎側で花火大会らしきものが…!2週も続けて!?
まぁメルモさんは先週同様、お風呂でラジオのチャンポンで何とか凌ぎましたけど。(^。^;)


c0012120_1435738.jpg
そして、やっとゲットしたぞ〜!
『ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ! 』
いや〜、やっぱりかわいかったです!今までの作品も第一作の『チーズホリデー』から大好きで、『危機一髪!』『ペンギンに気をつけろ!』と全部持っていますよ〜!
・・・レーザーディスクでっ!(爆)
こっちも早いとこDVDに買い換えなければっ!(;^_^A


今作品は、W&Gとしては初のハリウッド資本による長編映画っつーことで、本来の素朴さが失われていないかと心配だったのですが、杞憂に終わりました!
もちろん『チーズホリデー』なんかに比べたら凄く洗練されてますが(一応ホラーアクションっつーことで、展開も大がかり!)全体を流れるほのぼの感といい、W&Gらしは健在♪なんつっても1コマ1コマ粘土の人形を動かしながら撮影するクレイアニメーションだけあって、どうやったって動きは素朴なのですね。
今回は随所にいろんな映画のパクリ(笑)っつーか、オマージュが盛り込まれていてそちらもまた楽しめます。
それから、W&Gはペンギンや羊など、脇キャラが毎回とってもキュートなんだけど、今回のウサギもまたチョーかわいい!バキュームで吸われてでっかいガラス製の筒(?)の中でフワフワ浮いてるシーンが私のお気に入り♪むっちゃかわええっ!エンドロールにもフワフワ出てくるのだ〜(^m^)


c0012120_1595519.jpg
そして何と言ってもグルミットの表情がたまらんですよ。セリフは一言もないのに彼の気持ちを雄弁に語ってくれています、ほぼ、目と眉(?)だけで!
そんなところがメルモっぽいな、と。(笑)

[PR]

by kura_yang | 2006-08-26 23:55 | その他

ワンコとワイン

先日Kリーダーが借りてきたDVDがこの二つ。

c0012120_212689.jpgまずはこれ、『きいてほしいの、あたしのこと』
主人公の女の子がとってもかわいいし、何よりこのワンコ、“ウィン・ディキシー”がチョーかわいいです。お話は母親のいない寂しい女の子が犬のウィン・ディキシーと出会うことによって友達(大人も子供も)や父親との関係を作っていく、というような感じで、じんわり・ほのぼのとしたお話。押しつけがましい感動モノではなく、サラッとかわいく、リアリティとおとぎ話の中間をとったような作りがいいです。とにかく、ウィン・ディキシーの笑顔がサイコー(*^。^*)。犬好きは必見♪


c0012120_221051.jpgもう一本はこれ、『サイドウェイ』
こちらは大人のおしゃれなロードムービーって感じかな。ワインにだけは詳しい冴えないオヤジが、二流の俳優で女ったらしの悪友と一緒にワイナリーを巡る旅をしながら自分探しをするというようなお話。とてもセンスよく、おもしろいです。けっこう長い映画なのですが、淡々と描かれている割りには長さを感じさせなくて、自然に引き込まれていく感じ。エンディングもいいです。いろいろ賞も取ってそれなりに話題になっていた作品だけはあるな、という感じでした。

[PR]

by kura_yang | 2005-11-23 23:59 | その他

最近見たDVD

c0012120_0242984.jpgまずはこれ、『ブリジット・ジョーンズの日記 〜きれそうなわたしの12か月〜』
まず、タイトル長っ! 以下、“その2”とする(笑)。“その1”の方は原作も読んだし映画もまぁおもしろかったです。(原作はもっとブリジットと3人の“シングルトン仲間”達の事がフューチャーされていておもしろいんだけど)で、“その2”はといいますと、原作を読んでいないので映画だけの感想になりますが、どうなんだろう〜、うむ、まぁおもしろかったですよ。むしろコメディー映画って感じ。でもねぇ〜、とにかく、レニー太りすぎですっ!(笑)行き過ぎてマス!以上!(笑)


c0012120_0365142.jpgそんでこれ。『ストランペット』
こちらは『トレインスポッティング』のダニー・ボイル監督作品ということで、さぞやぶっ飛んでるのだろうと思って見たんだけど、意外とかわいらしい映画でした。まぁパンクはパンクなんですけどね。そんでワンコがいっぱい出てくるんだけどカワイイんだぁ〜。主人公のキチャナイ暮らしぶりは別にして(ホント汚いんだ、これが)たくさんの犬達とあんな感じで暮らしたら楽しいだろな、と思ってしまいました。ノーリードで街を走り回る散歩シーンは笑えます。(^。^;)



で、今日のお散歩は“歩き”です(笑)。二子玉の裏あたりをフラフラと。1時間くらい歩いたら結構疲れました。(^。^;) 写真は“谷川緑道”ってところです。この先に『土筆(つくし)』というローカルな喫茶店があって、なんとものどかな雰囲気醸し出してマス。二子玉の裏手はまだまだ庶民的な町並みが残されていて、お散歩には楽しい所です。
c0012120_0523638.jpg

[PR]

by kura_yang | 2005-10-03 23:24 | その他

鳥です。

今日は前から見たいと思っていた映画『WATARIDORI』のDVD、とうとう見ました。公開時は確かコマーシャルにも使われてたと思うけど、飛んでいる鳥達を間近でとらえた映像がすごい!全体的にとってもキレイな映像で、鳥たちのみならず自然の雄大さを実感できる作品でした。何と言っても、数種類の鳥たちを孵化した時から育てて人やカメラや機械に慣れさせ、一緒に空を飛びながら撮影された飛行シーンが圧巻です。4年の歳月をかけて撮影された膨大なフィルムから厳選された素晴らしい映像を見ていると、“癒し”とかを超えて自然に対する“畏敬の念”がじーんと浸みてきてしまいました。人間なんて、ちっぽけな生き物だ。野生の鳥達を追ったドキュメンタリー映像と、育てた鳥たちを撮った部分がうまくミックスされています。特典のメイキングを見ると鳥たちと撮影スタッフとの家族のような絆にまた別の感動が…(T∀T)見てない人はぜひ♪
そして次はやっぱり『皇帝ペンギン』だなー。

c0012120_3405597.jpg

[PR]

by kura_yang | 2005-09-15 23:58 | その他

Nobody Knows

夕べ、やっと『誰も知らない』を見ました。
さすがカンヌであれだけ評価されただけはある、とてもスバラシイ映画でありました。ドキュメントタッチで淡々と描かれる母子、そして兄弟姉妹達の生活・・・。決して感動を押しつけることなく、悲惨な事件だったにもかかわらずどこか爽やかに、でも事実の残酷さだけはしっかりと心に残る作品だと思います。実際に1年間という時間をかけて撮影しているので子供達が本当に成長しているし、(主演の柳楽君は途中で声変わりする!)母親と子供達のシーンなんて多分ほとんどアドリブだと思うけどすっごく自然。そしてやっぱり何と言っても柳楽クン、彼でしょう〜!彼抜きにしてはこの映画は成り立たない、それくらいのインパクト、ありました。母親役のYOUちゃんもすっごく雰囲気出ててヨカッタし。今日は特典ディスクの方見よ〜っと♪
c0012120_17402111.jpg


夕べは久しぶりのカウチポテトで夜更かししたので、(メルモが来る前は日常茶飯事だったけど…^^;)今日はのんびりスロースタート。またしてもDogwoodPlazaでランチ(という名の朝食)を食べ、午後は3ピキ一緒にリビングでまどろんで過ごしました。春らしいとても気持ちのいいお天気で(花粉はツライけど…)の〜んびりのメルモ家です。
c0012120_17462559.jpg

[PR]

by kura_yang | 2005-04-03 17:47 | その他