腫れちゃった

事の起こりは先週の土曜日か日曜日、朝の散歩の途中でメルモの右目頭のところがプクッとふくれているのを発見しました。
「あら〜、まーたそんなとこ蚊に刺されて〜」いかにも痒そうだけど本人はケロリとした表情です。そう言えば2〜3年前の夏にもそんなことあったなー。犬ってこんな所が刺されやすいのかしら、と思いつつ、家に帰るとすっかり引いていました。

で、20日の水曜日にまたプクッと腫れています。しかし今度は両目頭。うーん、両方蚊に刺されるってのも変だよな、ということで病院へ。ところが病院に着く頃には腫れは引いており、一応経過観察ということで目薬をいただき帰りました。しかし犬は蚊に刺されたとしても人間みたいにプクッと腫れたりしないのだそうで、もしかしたらアレルギーの可能性もアリ、との事。うーむ。ん?と言うことは2〜3年前のも虫刺されじゃなかったんだ。

ところが、翌日今度は両目頭に加え両瞼の方にもいくつかプクプクと腫れが…。ありゃ〜、慌てて今回はKリーダーも一緒に病院へ行きましたが、またしても病院へ着く頃にはだいぶ治まってきていました。とは言え、やはりアレルギーの可能性が高いという事で、原因物質として容疑者をいろいろ洗っていると、ダイニング用に新しく敷いた“い草”のラグが怪しいということになりました。“い草”というのはカビが生えやすいらしく、防カビ剤やら防ダニ剤やらが塗り込んであることが多いのでアレルギーを起こすコが多いのだとか。
そういえばこの日の午前中ラグの上で耳掃除をしていたら目が涙目になっていたな。これはヤツに違いない!
血液検査もしてみると、GPT/ALT(アラニンアモノ転移酵素)とALP(アルカリフォスファターゼ)の値が正常値より高くなっていました。他は全て正常値だったため(病気ということではなく)肝臓が解毒をがんばっている状態ということで、肝臓の働きを助けるお薬と抗ヒスタミン剤を処方していただきさらに経過観察。
帰宅するとさっそく第一容疑者の“い草”のラグを取っ払い、水拭き・換気して様子を見るものの、メルモのプクプクは依然元気です。なんとなく鼻の上(マズルの先)も腫れぼったい感じになってるし…。

そして今日、瞼と左目頭のプックリは無くなりましたが、やはり鼻の上がプクプクしてきました。右目頭もプックリだったのが赤くコリッとした感じになってます!
再々度病院へ。今度は病院に着いても症状は治まらず、目頭のプクリを診た先生は一言、「う〜ん、ちょっとこれは針刺しましょうか。肥満細胞腫の危険性もありますから」
・・・・・・・。は、はい。待つこと約15分(1時間にも感じられました)、「3カ所刺しましたが、怪しい細胞はありませんでした。」とのことで一応ホッ!
白血球など炎症と戦っている痕跡多数ということで、昨日いただいた薬に加え抗生物質(飲み薬&塗り薬)を処方していただきました。念のためにステロイドの頓服も2服、症状が酷い場合のみ電話で確認して服用する、ということです。(なるべく使いたくないので症状が安定するのを祈る!)

c0012120_23114124.jpg
右目の目頭とお鼻の上、プクプクしてます。(; ;)
軟膏を塗ったところなのでテカッてますが。
ただ、痒くはないようなので本人は至って普通。食欲もあるしお通じも全く問題ナシ。元気です。
掻き始めるともっと酷くなるのでそれだけが心配ですが、今のところ掻く様子はナシ。


結局“い草”のラグは濡れ衣だったのですが、じゃあ何なんだ?もしかして、ワックスか!?安全性を重視して100%天然植物成分のアウロにしたのに…。いや、でも天然だからこそ逆にアレルギー反応を起こしてしまったのか?例えば成分にユーカリ油とか入ってるけど、もしユーカリのアレルギーだったらアウトってことか。
でもなぁ、先生も可能性はもちろん否定できないけど確率としては低いだろうって感じだったな。(むしろやっぱりラグの方が怪しいって感じだった)
どちらにしても、何か特異な物質に特別に反応したと言うよりも、ストレスなどによってホルモンバランスが崩れ抵抗力も落ちたところにたまたま何かが引き金になって症状が現れているのではないか、ということでした。
確かに約1ヶ月に渡る住みながらの全面リフォーム、メルモにとっては精神的にも肉体的にもストレスになっていたのは間違いないもんな。
ふーっ…。なんとか早く症状が治まって欲しいところです。


c0012120_23333324.jpg初めのうちはあちこちに出たり引いたりしていたプクリですが、昨夜からはこの右目頭と鼻の上に居座ってます。
本人は至って元気なのですがねー。
[PR]

by kura_yang | 2007-06-23 23:49 | メルモ

<< 経過報告 Ashes and Snow >>