地震の日

ほんとうにすごい地震だったんですね。
被災地の皆さんの事を思うと何もできない自分が情けなくなりますが、とにかく自分に今できること、節電とか募金とか、そういうことで少しでも力になれればと思います。
そしてテレビであの惨状を目にする度に、自然の前で人間はなんて無力なんだろうと思い知らされます。

地震の日、東京でもかなり揺れました。
ちょうど午後から仕事のKリーダーを送り出し、Sunnyと二人リビングで寛いでいるところでした。
「あれ、揺れてる…」最初はいつものちょっとした地震かと思っていましたが、なかなか収まらない。
それどころかだんだん揺れが大きくなってきたので、「これはヤバイのでは…」とSunnyを抱きかかえてダイニングテーブルの下に入りました。
それからさらに揺れが大きくなり、まったく収まる気配がありません。
中途半端な格好で膝をついていたので膝が痛くてしかたなかったのですが、揺れがすごくて体勢を整えることもできず、棚からは花瓶やら何やら落ちているし、Sunnyの心臓はバクバク激しくなったかと思うとすぐに全身ガクガク震え始め、これはもう本当に関東大震災が来る!と思って心の中で「神様!」と叫んでいました。

が、しばらくすると揺れはゆっくりと収まり、まだ少し揺れてはいましたがとりあえずは大丈夫かとテーブルから出てまずはKリーダーにメール。それから倒れた花瓶やこぼれたお水を片付け、他の部屋を見て回りましたが、レール式の引き出しが全開していたのと小物が棚から落ちたりしているだけで大きな被害はありませんでした。
Sunnyはバリケンに促しましたが入らず、ずっと玄関で不安そうにしています。
Kリーダーとはメールも電話も繋がらず、やっと公衆電話からかけてきた電話で話ができました。地下鉄に乗って扉が閉まるまさにその時地震が来たようで、用賀駅は人だらけで大変な事になってるぞーと。
この日はSunnyも一緒に車で仕事先まで送り、帰りの駒沢通りは渋滞でした。
Kリーダーはその後徒歩で帰宅。東京は帰宅難民で溢れていましたね。


Sunnyはよほど怖かったのか、リビングの方になかなか来たがりません。
基本的に寝室にあるバリケンに入ってます。(ウチのバリケンは扉を付けていないので出入り自由)
ゴハンの時は来るのですが、待っている間もどこか周りを気にしている風です。

c0012120_23193011.jpg


そしてゴハンを食べるとソソクサとバリへ。
私達はリビングでテレビの報道をずーっと見ていたので時折こちらも来るのですが、ソファーに上げても落ち着かず、すぐに帰ってしまいます。
うーむ、少しトラウマになってるなぁ。
これはゆっくり時間をかけて解していくしかないのかな。

c0012120_23194438.jpg



Follow kura_yang on Twitter
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
[PR]

by kura_yang | 2011-03-14 23:37 | Sunny

<< 大阪より 春…のような >>