メルモと共に、これからも

メルモのお骨は今までアクセサリーを買ったときに付いてくる小さな巾着袋の中に入れて外出時は持ち歩いたりしていましたが、何かもっといい形で残せないものかなぁといろいろと探していました。
ネットでいろいろと検索すると、カロートペンダントなどのショップがた〜くさんあって、どうしようか迷っていたところ、とてもよさそうなお店を発見。
それが『京都絆屋』さんという、センチメンタルジュエリーと呼ばれる個人的な愛情や思い出を託したジュエリーを制作する工房です。
こちらで私はリングを、Kリーダーはペンダントを作って頂き、メルモのお骨と被毛を今回持参するために京都に行ってきたのでした。

基本のデザインはあるのですが完全オーダーもできるので、最初は本当にいろいろと悩みました。
せっかくなのでメルモの想い出をいろいろモチーフにして、太めのかわいい(or カッコイイ)デザインリングにしようかなぁ〜とか、それとも被毛をたっぷり使ったフラッフィータイプのペンダントもいいなぁ〜とか、サイトの写真をいろいろ見ながらあれやこれや悩みました。
で、最終的にはやっぱり何よりも “常に身につけていたい” という思いがあったので、一番シンプルなリングにして結婚指輪と一緒にはめることにしたのでした。

メールでのやり取りの後制作に入ってもらい、最後にメルモのお骨と被毛を持参して立ち会いの下で埋封していただきます。
(遠方で来られない場合は送ることもできます)
京都の町屋をそのまま使っているご自宅に工房があり、とても感じの良いご夫婦でやっていらっしゃいました。センチメンタルジュエリーに対する思いや、アート・物作りに対する真摯な姿勢が静かに伝わってくる、そんな感じの作家さんです。
撮影も快諾していただいたので、ほんの少しだけご紹介。

c0012120_0312132.jpgc0012120_0313651.jpg
最初に、細かくしたお骨を私達が少しずつ埋封窓に入れていきます。
それを絆屋さんがきれいに仕上げてくださいます。

c0012120_033307.jpgc0012120_0334386.jpg
お骨の上から今度は被毛を入れます。
埋封には歯科医療で使われているニューセラミック樹脂というものを使うので、水や衝撃にも強く安心です。素材もホワイトゴールドにしたので温泉でも大丈夫。
何度も樹脂を流しては硬化し、研磨を繰り返します。


そして、とうとうメルモリングが出来上がりました。

c0012120_0372226.jpg
真ん中にはメルモの守護石(誕生石)であるサファイヤを埋め込みました。



c0012120_0391286.jpg裏側に、メルモのお耳の毛を入れてもらいました。
色が黒いので写真ではわかりにくいですが、よ〜く見ると毛並みも少〜しわかります。
(白や茶色の被毛だともっと毛の流れがわかるそうですが…)
この下に、粉にしたお骨も入っています。
その横には“MELMO”と刻印も。


c0012120_0413948.jpgさっそく結婚指輪と合わせてしてみました。
もともと結婚指輪が太いのでかなりゴツくなりましたが、太い指輪が好きなので全然OK。
これからはずーっと一緒だね、メルモ。
いや、今までも一緒だったと思うけど。
何て言うか、一つの区切りになりました。


Follow kura_yang on Twitter
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
[PR]

by kura_yang | 2010-04-05 01:13 | メルモの思い出 | Comments(16)

Commented by the_snapshots at 2010-04-05 02:03
へ〜、こういうのがあるなんて、知らなかったわー。
すごく良いお守りになるね。
今度会った時に見せてー!
Commented by hiro5900 at 2010-04-05 02:28 x
こういうオーダーリングとかペンダントっていうのもあるんだ。
目の前で作ってもらえるってのがよけい思いが込められる感じがしますね。
僕もカロートペンダントにしていつもつけてるんですが、
最近Aliceが僕の寝てる間にイタズラするので夜だけしまっておくようになっちゃいました・・・。
Commented by goopicot at 2010-04-05 11:03
とってもステキなのが出来たね♪
Commented by くりりん at 2010-04-05 17:08 x
わぁ、ビックリ!
ご無沙汰していますが、失礼しちゃいます。
我が家もこちらでザベルの指輪を作りました。
直接行く事は出来なかったので、作っている所は見てません。
だから、なんだか感動しちゃいました。
Commented by yahya at 2010-04-05 21:13 x
はぁ~~、素敵なリングができたんですねぇ。
すごいステキだわ。
こういうのを製作してくださるところがあったなんて!
メルモちゃんとずっと一緒にこれからもいられますね。
Commented by kura_yang at 2010-04-05 22:46
かなっぴ♪
そう、こういうのがあるんだよ〜。
こちらはペットだけではなくて、人のモーニングジュエリーも制作しています。
ほんと、お守りって感じになるよね。
今度見せるョ〜♪
Commented by kura_yang at 2010-04-05 22:53
hiro5900さん♪
そうなんですよ〜、いろいろ探していたらあったんです。
本当に丁寧に、思いを込めて制作していただきました。
形じゃないのはわかっているんですが、何か心の拠り所になるんですよね。
Aliceちゃん!大切なカロートペンダントまで悪戯しちゃダメよ〜!(≧∇≦)
Allieちゃんと遊びたかったのかしら?(^m^)
Commented by kura_yang at 2010-04-05 23:01
グーママ♪
も〜探しに探して迷いに迷ってやっと出来上がったよー!
指輪にしてくれる所がなかなか無かったんだけど、ここはただの商品ではなく、作家さんが気持ちを込めて作ってくれて、ほんとによかったよ!
Commented by kura_yang at 2010-04-05 23:07
くりりんさん♪
お久しぶりですぅ〜♪
ええー!くりりんさんもこちらで作ったんですか!
ウチは実家が関西だったので持参できました。
心を込めて作っていただきましたよ〜。
ザベル君のもこうやって出来上がったんですねぇ。
自宅兼工房もアンティークでステキな所でした〜♪
Commented by kura_yang at 2010-04-05 23:11
yahyaさん♪
とってもステキな指輪が出来上がってウレシイです。
完全オーダーでいろんなデザインでも作っていただけるんですよ。
やはり、常に肌身離さず着けていられるというのはなんだかホッとします。
サッカー選手のようについつい指輪にキスしちゃったりしてます。(笑)
Commented by gomaecru at 2010-04-05 23:36
チラリッと探した中であまり素敵だなぁ~という物がなくて
諦めていたのですがこんな素敵なリングだと
私もーーーmoeとぉぉ~!!って大興奮!!!(笑)
メルモちゃんもkura_yangさんとぴとっと寄り添えて
すごく喜んでいるでしょうね♪
『京都絆屋』さん紹介してくれてありがとうございます。
私も問い合わせてみます^-^

Commented by kura_yang at 2010-04-07 00:29
gomaecruさん♪
絆屋さん、オススメです〜。
ペットのサイトと人のサイトの両方にたっっっくさんのステキなジュエリーのお写真が載っていて、とっても参考になります。
私はシンプルデザインにしたんですが、いろいろ凝ったものも作れますよ。
絆屋さん本人も犬やウサギなどとのお別れを経験されていて、とても真摯に心を込めて作って下さいます。
持参できない場合でも写真やエピソードなどをメールでやり取りして、1人1人、一匹一匹に思いを馳せながら制作してくださっているそうです。
Commented by at 2010-04-07 10:26 x
こういった事が出来るんですね。
私も常に身に着けていたいから 指輪かな・・・。
どんな形にせよ そばにいてもらう証がほしいのは
誰も 変わらないですね。
教えてくださって ありがとうです。
Commented by Tomoko at 2010-04-07 13:21 x
おおーー素敵。私は、ハートのチャームに
まあちゃんの白い毛をいれてもらいました。
お財布につけてお守りにしています。
リングもいいですね。まだまだ毛があるから
今度つくってもらいたいなぁ、、
Commented by kura_yang at 2010-04-08 20:12
ゆさん♪
そうなのです、探したらこんなところがありました。
カロートペンダントは結構たくさんあるのですが、指輪というのがなかなか無いんですよね。
形ではないと思いますが、やはり何か印になるものを身につけたいと思ってしまいます。
お守りみたいなものですね。
Commented by kura_yang at 2010-04-08 20:14
Tomokoさん♪
チャームもかわいいですね。
ネットで探しただけでもカロートペンダント関係のサイトたっくさんありました。
やはり増えているんですね。
私も今回シンプルリングにしたんですが、まだ毛もお骨も残ってるのでいつかフラッフィーペンダント作ってもらおうかと思っています。

<< 桜も咲いて 京都にて >>